監護権について

監護権とは、「子どもの養育や教育をする権利・義務のこと」をいいます。監護権者は、子どもと一緒に生活をして、身の回りの世話をする人のことです。
 
監護権は、親権の一内容であるといえますが、監護権者と親権者を別に定めることも可能です。例えば、親権者を父親とし、監護権者を母親とすることも可能です。
  101EA0A1556.jpg
離婚の場合よく親権を持たなければ子どもを養育することができないと勘違いされている方もいらっしゃいますが、親権を持たなくても監護権を持っていれば子どもの成長をそばで見守ることが可能なのです。
 
子どもを引き取ることにこだわるのであれば、このような提案をすることも考えられます。
 
この場合、子どもは父親の戸籍に残り、実際に引き取り子どもの面倒を見るのは母親ということになります。離婚届には監護権者が誰かを記載しないので(親権者のみを記載します)、裁判所の手続きを必要とせずにこのような話がまとまる場合には、この約束を書面に残しておくべきです。
 
また、監護権者は、両親以外の第三者にすることも可能です。例えば、子どもと一緒に生活をするのが経済的に難しいという場合、第三者である祖父母や、乳児院を監護権者とすることもできます。
 

監護権者を決める時期・方法

親権者を選ぶ場合と異なり、監護権者は離婚と同時に進めなければならないことはありません。

 

離婚成立後に監護権者を変更することも可能で、父母が協議で監護権者を決めることができない場合は、家庭裁判所に調停、あるいは審判を申立てを行い、決めることになります。

子どもの問題についてはこちらもご覧下さい

●子どもの問題 ●親権者 ●監護権について
●面接交渉 ●親権者・監護権者の変更 ●人身保護法とは

親切丁寧に対応させて頂きます。ぜひお気軽にご相談下さい。

ImgTop5_1.jpg

①初めての方へ.png ②ご予約・ご相談の流れ.png ③当事務所の解決事例.png ④離婚問題Q&A.png
⑤事務所紹介.png ⑥弁護士紹介.png ⑦弁護士費用.png ⑧アクセスマップ.png

弁護士法人ふくい総合法律事務所(旧 小前田法律事務所) 〒910-0005 福井市大手3-14-10 TMY大名町ビル5階 0776-28-2824 受付時間:9:30~20:00 土日祝対応