医師の離婚

配偶者の一方が医師の場合、離婚する際には、気を付けないといけない特有の問題がいくつかあります。

配偶者の一方が医師の家庭とは、典型的な例としては、一方が医師で他方が専業主婦(夫)の場合です。開業医の場合は、夫婦の一方が従業員として一緒に病院で働いていらっしゃることも多いです。もちろん、夫婦の双方が医師の家庭もございます。

1 財産分与

1 清算割合について
2 医療法人の場合

過去の裁判例

1 夫が医療法人を経営している夫婦が離婚した事例

2 労務問題

開業医の場合、配偶者を看護師や事務スタッフなどの従業員として雇用しているケースがよく見られます。

その場合、離婚したからといって、当然、配偶者の従業員としての立場がなくなるということはありません。

 あくまでも夫婦間の問題と従業員と雇用者という立場については法律上別の問題です。

 医師の離婚の場合は、単に、夫婦間の離婚問題というだけではなく、労務問題として一緒に解決する必要があります。

3 まとめ

医師の離婚の場合、上記以外にも特有の問題があります。これら医師特有の問題は複雑であることが多い為、紛争に発展することもございますので、できるだけ早期に離婚問題に詳しい弁護士に相談されることをお勧めいたします。

「医師の離婚」の関連記事はこちら

親切丁寧に対応させて頂きます。ぜひお気軽にご相談下さい。