解決事例

不払いになっていた養育費について、将来の支払いを確保した事案

依頼者:女性(30代) 職 業:会社員 1 相談に来られたきっかけ 依頼者は、離婚したときに元夫との間で養育費に関する公正証書を作成していました。最初の一年くらいは支払われていましたが、その後、元夫の収入状況に変化があったという理由で、支払いがなされなくなってしまいました。そこで、養育費の支払いを確保するため、当事務所に相談に来られました。 2 検討 公正続きを読む >>

40代女性が、協議離婚により財産分与・離婚慰謝料を合計約1,000万円獲得した事案

依頼者:女性(40代) 職 業:専業主婦(子ども2人) 1 相談に来られたきっかけ 夫の不貞が発覚したことをきっかけに、依頼者は離婚を決意しました。夫と離婚に向けた話し合いをしていたところ、夫から離婚条件の提示があったため、当事務所へ相談に来られました。 2 検討 当事務所へ相談に来られた時点で、財産分与および金銭面(養育費、婚姻費用、離婚慰謝料)について続きを読む >>

30代女性が、充実した面会交流が獲得できた事案

依頼者:福井県内在住の女性(30代) 職 業:会社員 1 相談に来られたきっかけ 依頼者は、夫婦で離婚の話し合いをしたものの、子どもの親権について折り合いがつかず離婚調停になったため、相談に来られました。   2 検討 依頼者のご希望は、親権の獲得が第一で、それが難しい場合には、子どもの成長を見守っていけるように充実した面会交流を求めるというものでした。 3 結果 続きを読む >>

20代男性が、妻の不貞相手から慰謝料200万円を獲得した事案

依頼者:男性(20代) 職 業:会社員 1 相談に来られたきっかけ 妻の行動に不審な点が多く、問い詰めたところ不貞が発覚したという事件でした。 妻の不貞の発覚により、家庭がかなりの不和の状態になったため、不貞相手に対し慰謝料を請求したいと当事務所に相談に来られました。   2 検討 本件では、妻も不貞を認めており、LINEの履歴からも不貞を裏付けるような証拠があったため、続きを読む >>

夫と別居中の30代女性が、協議離婚により財産分与96万円を獲得した事案

夫と別居中の30代女性が、協議離婚により財産分与96万円を獲得した事案 依頼者:福井市内に実家がある女性(30代) 職 業:専業主婦(子どもなし) 1 相談に来られたきっかけ 依頼者は、県外に嫁いでいましたが、夫との性格の不一致から、夫婦喧嘩が絶えず、実家のある福井市に戻り、夫と別居することにしました。 夫は、離婚を強く求めており、また、婚姻後に目減りした自分の預金額の半分を財産分与続きを読む >>

不貞をした夫が弁護士同士の交渉により早期に離婚問題が解決できた事例

不貞をした夫が弁護士同士の交渉により早期に離婚問題が解決できた事案 依頼者:男性(40代) 職 業:会社員 1 相談に来られたきっかけ  相談者(男性)は、自身の不貞が原因で、妻から離婚を求められました。本人同士の話し合いでは条件が折り合わなかったため、妻が弁護士に依頼し、弁護士から書面が届いたことをきっかけに当事務所に相談に来られました。   2 検討  相談者の希望は、出続きを読む >>

300万円の慰謝料請求をされていた男性が慰謝料を支払わずに調停離婚できた事案

300万円の慰謝料請求をされていた男性が慰謝料を支払わずに調停離婚できた事案 依頼者:男性(50代) 職 業:会社員 1 相談に来られたきっかけ  相談者(男性)は、妻との性格の不一致から、妻が家を出て行く形で別居を開始しました。別居後、すぐに妻側から、離婚調停が申し立てられ、その中で相談者の妻に対する暴言や暴行を理由に慰謝料として300万円が請求されていました。   2 検討続きを読む >>

20代女性につき、協議による離婚が成立した事案

20代女性につき、協議による離婚が成立した事案 依頼者:女性(20代) 職 業:会社員 1 相談に来られたきっかけ  依頼者は、夫のモラルハラスメント等が原因で夫と別居しており、早期の離婚成立を希望して、当事務所に相談に来られました。   2 検討  依頼者のご希望は、離婚の成立が第一とのことでした。離婚の際には、住宅の処理の問題が大きな争点となることが予想され、特にこの点に続きを読む >>

不貞関係を否定する元妻の不貞相手から慰謝料200万円を獲得した事案

不貞関係を否定する元妻の不貞相手から慰謝料200万円を獲得した事案 依頼者:男性(30代) 職 業:会社員 1 相談に来られたきっかけ  依頼者は、妻の不貞が原因で、既に協議離婚が成立していました。 依頼者は、自分で不貞相手に対して、慰謝料請求を行っていましたが、不貞相手が不貞関係を否定しており、慰謝料の支払を拒否していたため、相談に来られました。   2 検討  本件にお続きを読む >>

30代男性が元妻の不貞相手から慰謝料250万円を獲得した事案

30代男性が元妻の不貞相手から慰謝料250万円を獲得した事案 依頼者:男性(30代) 職 業:会社員 1 相談に来られたきっかけ  妻の不貞が原因で、依頼者は既に協議離婚をしていました。 依頼者としては、離婚協議の中で、元妻に対しては慰謝料請求をしないことを条件に子どもの親権を取ったため、慰謝料請求を不貞相手に行ないたいということで相談に来られました。   2 検討  本件続きを読む >>