子どもの問題

0006_160223AX.JPG

ここでは、親権者、監護者、面接交渉、親権者・監護者の変更、人権保護法など、離婚に関する子どもの問題にお伝えさせて頂きます。

未成年の子どもがいる場合、離婚後の親権者を夫婦のどちらにするかを決めなければ離婚をすることはできません。また、万が一、親権をめぐる争いになってしまった場合、親権を譲り自分が監護者となる方法もございます。

まずは、詳しい内容をご覧下さい。また、分からない場合は、悩まずに専門家である弁護士にご相談下さい。

「子どもの問題」の関連記事はこちら

親切丁寧に対応させて頂きます。ぜひお気軽にご相談下さい。