20代男性が、妻の不貞相手から慰謝料200万円を獲得した事案

依頼者:男性(20代)
職 業:会社員

1 相談に来られたきっかけ

妻の行動に不審な点が多く、問い詰めたところ不貞が発覚したという事件でした。
妻の不貞の発覚により、家庭がかなりの不和の状態になったため、不貞相手に対し慰謝料を請求したいと当事務所に相談に来られました。
 

2 検討

本件では、妻も不貞を認めており、LINEの履歴からも不貞を裏付けるような証拠があったため、不貞の立証は問題ないと判断しました。

3 結果

弁護士が相談者の代理人となって、まずは、慰謝料の請求を求める文書を不貞相手に送付しました。不貞相手との交渉の結果、慰謝料200万円を支払ってもらう内容の示談が成立しました。

4 所感

  受任から示談成立まで、約1ヶ月程度でスピード解決を図ることが出来たため、依頼者にご満足していただけました。
示談交渉においては、本人同士の交渉だと感情的になってしまいまとまらないことでも、弁護士が間に入って交渉することにより、スピード解決することが少なくありません。
また、弁護士が代理人として相手方と交渉しますので、直接の話し合いによるストレスを減らすことができます。
示談交渉については、本人同士でできますが、弁護士に依頼するという選択肢もあるということを考えておくべきです。

「解決事例」の関連記事はこちら

親切丁寧に対応させて頂きます。ぜひお気軽にご相談下さい。