不倫相手と奥さんが離婚しない場合、慰謝料は安くなるのですか?

不倫相手と奥さんが離婚しない場合、慰謝料は安くなるのですか?

安くなる可能性があります。
不貞(不倫や浮気のこと)の慰謝料には、相場があります。
だいたい、300万円くらいまでの金額になることが多いです。
ただし、これは相手夫婦が離婚する場合の金額です。

不貞に強い違法性が認められるのは、不貞によって夫婦の婚姻関係が破綻してしまうからです。
不貞があっても夫婦関係が破綻しなかった場合には、発生してもかなり減額されます。
不貞があっても夫婦が離婚しなかった場合や復縁した場合などには、慰謝料の金額は100万円以下になることが多いです。
このケースでも、不倫相手とその妻が離婚をしないなら、慰謝料は100万円以下でもかまわない、ということになってきます。不貞した側が「離婚をしないなら、慰謝料が安くなる」と主張すると、相手からは「離婚の話合いをしている」などと反論されることがよくあります。
しかし、そういった主張は慰謝料を高額にするための虚偽であることもあります。不貞の慰謝料の金額を計算するときには、相手の状況を見極めながら、時期に応じて適切な対応をとっていくことが必要です。
自分では上手に交渉を進められないときには、弁護士に代理交渉を依頼すると良いでしょう。

「男女トラブルQ&A」の関連記事はこちら

親切丁寧に対応させて頂きます。ぜひお気軽にご相談下さい。