不貞関係を否定する元妻の不貞相手から慰謝料200万円を獲得した事案

不貞関係を否定する元妻の不貞相手から慰謝料200万円を獲得した事案

依頼者:男性(30代)
職 業:会社員

1 相談に来られたきっかけ

 依頼者は、妻の不貞が原因で、既に協議離婚が成立していました。
依頼者は、自分で不貞相手に対して、慰謝料請求を行っていましたが、不貞相手が不貞関係を否定しており、慰謝料の支払を拒否していたため、相談に来られました。
 

2 検討

 本件において、不貞相手が、不貞関係を否定していたため、不貞の有無に関する証拠が重要になると判断しました。
元妻が不貞関係を肯定していた証拠や、それらを裏付けるようなLINEのやりとりなどが存在することから、不貞関係については、十分に立証が可能であると考えました。

3 結果

 不貞相手が不貞関係を否定していたため、示談では全く解決できず、裁判となりました。
その結果、不貞相手が慰謝料200万円を支払う内容の判決がなされました。

4 所感

 慰謝料請求において、不貞関係を相手が否定している場合、請求する側がそれを立証する証拠を提出しなければいけません。どのような証拠があれば不貞関係が認められるかどうかはまさにケースバイケースですので、特に相手が不貞関係を否定しているようなケースにおいては、必ず弁護士に相談をしてください。

「解決事例」の関連記事はこちら

親切丁寧に対応させて頂きます。ぜひお気軽にご相談下さい。