相手が調停に来なかったらどうなりますか?

相手が調停に来なかったらどうなりますか?

離婚調停では、家庭裁判所において、夫婦が話し合いをしなければなりません。


よって、基本的には夫婦の双方が裁判所に出頭する必要があります。離婚調停を申し立てると相手方に対して家庭裁判所から呼出状が送られますが、呼出状には調停の開催日時が記載されていますので、通常のケースではその記載内容に従って相手方は裁判所に来ます。

しかし、中には裁判所からの呼出状を無視して、調停に来ない相手方がいます。

 

その場合、相手が遅れて来る可能性があるので、第1回目の場合には、30分程度は相手が来るのを待つことが多いです。
また、相手の携帯電話の番号などがわかる場合には、裁判所の書記官から相手方に対して電話連絡を入れてもらえることもあります。
電話がつながったら、遅れて来る予定があるのかを聞いて、来るなら待ちますし、来ないなら次回期日を入れます。
相手と連絡がとれず、2回目以降も来ない場合には、相手方が調停での話し合いをする意思がないものと考えられるので、調停が不成立になる可能性が高いです。

「離婚Q&A」の関連記事はこちら

親切丁寧に対応させて頂きます。ぜひお気軽にご相談下さい。