養育費の相場はどのようになっていますか?

養育費の相場はどのようになっていますか?

離婚する夫婦に未成年の子どもがいる場合、子どもの親権者(監護権者)となる親は、そうでない方の親に対して子どもの養育費を請求することができます。

子どもの養育費を請求する場合には、離婚の際に夫婦が話し合って取り決めをすることが基本ですが、離婚時に話し合いができなかった場合には、離婚後に調停を申し立てることによって裁判所で養育費の金額を決定してもらうことも可能です。養育費の金額には、相場があります。
具体的には、夫と妻のそれぞれの年収と、子どもの養育状況、子どもの年齢によって金額が変わります。
養育費を支払う側の収入が高ければ養育費の金額は上がりますし、養育費の支払いを受ける側の収入が高ければ養育費の金額は下がります。
養育している子どもの数が多ければ養育費の金額は上がりますし、子どもの年齢が上がった場合でも養育費の金額は上がります。養育費を定める場合、夫婦の話し合いで決める場合には、基準にとらわれずに自由に取り決めをすることができます。
裁判所の審判で決定してもらう場合には、上記の家庭裁判所の基準に従って判断してもらうことになります。
養育費については、子どもが20歳になるまでいつでも決め直すことができるので、たとえば夫婦それぞれの収入状況が変化して、現在の養育費の金額が妥当ではなくなった場合には、家庭裁判所に養育費調停を申し立てて金額を現状に一致したものにすることができます。

「離婚Q&A」の関連記事はこちら

親切丁寧に対応させて頂きます。ぜひお気軽にご相談下さい。