離婚慰謝料とは何ですか?どのようにして請求しますか?

離婚慰謝料とは何ですか?どのようにして請求しますか?


離婚の際、相手に対して離婚慰謝料を請求できるケースがあります。
離婚慰謝料とは、夫婦の一方に離婚原因を作った責任がある場合、その有責配偶者に対して請求できる慰謝料のことです。
離婚慰謝料は、たとえば相手が不貞(不倫)をしていたケースやDV、暴言、モラルハラスメントがあったケースなど、相手に問題があった場合に認められます。

特に問題行動がなかった場合には、離婚慰謝料は発生しません。
どのようなケースでも離婚慰謝料を請求できるわけではないことには注意が必要です。
なお、慰謝料請求の相手は、離婚の相手方だけに限りません。
たとえば不貞があった場合などには、不貞相手に対しても慰謝料請求することができます。

離婚慰謝料を請求したい場合には、基本的に離婚の際に相手方(不貞相手)に対して請求を行い、話し合いによって慰謝料の金額と支払い方法を決めることになります。

「離婚Q&A」の関連記事はこちら

親切丁寧に対応させて頂きます。ぜひお気軽にご相談下さい。