親権と監護権とは何ですか?

親権と監護権とは何ですか?


離婚する夫婦に未成年の子どもがいる場合には、その子どもの親権者を決める必要があります。

親権者とは、子どもの親権を持つ人のことです。

 

親権には、財産管理権と監護権があります。
財産管理権とは、子どもの財産を管理する権限のことで、監護権とは、子どもを実際に養育監護して育てる権限のことです。
単に親権という場合には、通常この2つの意味を含んだものになりますが、「親権と監護権」という場合の親権は、財産管理権を意味することがあります。子どもの親権者を決める場合、通常は親権(財産管理権)と監護権を分けることはせず、親権者となった親が子どもの監護もすることが普通です。
ただし、どちらの親も子どもの親権を主張して対立が激しいケースなどでは、親権者と監護権者を分けることがあります。
財産管理権を持つ親が戸籍上の親権者となりますが、実際に子どもを養育監護するのは監護権者となった方の親です。
この場合、子ども名義の預貯金などの財産は親権者が管理して、子どもはその親とは一緒に暮らしていないということになるので、いろいろな手続きが面倒になることがあります。
また、親権者を争っている夫婦は、通常どちらも「子どもを自分で育てたい」と希望していることが多いので、親権者と監護権者を分けても根本的な解決にはならないことが多いです。

「離婚Q&A」の関連記事はこちら

親切丁寧に対応させて頂きます。ぜひお気軽にご相談下さい。