不倫の証拠にはどのようなものがありますか?

不倫の証拠にはどのようなものがありますか?

夫婦が離婚をする場合、相手が不倫(不貞)をしていたら離婚慰謝料を請求できます。
しかし、不倫相手に迷惑をかけたくないという気持ちもあって、不倫の事実を認めない当事者もいますし、離婚慰謝料を請求しても、相手がその支払いにすんなり応じないことがあります。

不貞を原因として離婚慰謝料を請求したい場合には、不貞の証拠を集めておく必要があります。不貞を証明するためには、相手が不倫相手と肉体関係(男女関係)を持ったことを証明する必要があります。
単に一緒に食事をしたりデートしたりしただけでは法律上の不貞にはなりません。
キスをしている写真があったとしても、それだけでは必ずしも不貞になるとは限らないので注意が必要です。不貞の証拠として有用なものに、興信所による調査報告書があります。
興信所に、相手の尾行調査を依頼して、相手が不倫相手と会っているところをおさえてもらい、報告書にまとめてもらいます。
素人が自分で尾行をすると、うまく証拠化できないばかりかトラブルが起こることもあるので、控えた方が良いでしょう。これ以外にも、相手が不倫相手と連絡をとりあっているメールや一緒に写った写真、一緒に旅行に出かけたりデートした際の領収証、クレジットカードの利用履歴なども証拠となります。不倫に基づいて相手に慰謝料請求するためには、できるだけたくさんの証拠を集めておくことが大切です。

「離婚Q&A」の関連記事はこちら

親切丁寧に対応させて頂きます。ぜひお気軽にご相談下さい。